1. 現在位置:
  2. 看護学部へ行こう!
  3. いろんな人たちを救い、安心させられるような看護師になりたい
看護学部の先輩たちがアドバイス!
[学生特集]先輩からのメッセージ
看護学部ならではのキャンパス・ライフを、現役大学生がご紹介します

女性の妊娠期から産後において、長期的なサポートができる助産師になりたい

Q1、看護学科を選んだ理由

東京女子医科大学看護学部4年

徳島文理大学
保健福祉学部看護学科3年
大泉 佑衣
(徳島県立城北高等学校)

 私は助産師をめざしており、大学4年間の中で助産師が取得できることや、卒業後でも1年間で助産師が取得できる助産学専攻科があるため、本学を志望しました。本学は施設や設備が整っており、実際に医療現場で使用されている物品を用いて技術演習を行うことができます。また、徳島県外からの入学者が多いため新しい友人との出会いも多く、視野も広がるという点にも魅力を感じました。

Q2、学生生活はどのように過ごされていますか?

 専門的な知識や技術を身につけるために学ぶことがたくさんあります。先生からの手厚いご指導をいただきながら講義や実習、技術演習を通して看護実践能力を培うことができ、とても充実した日々を過ごしています。互いを支え合い、高め合える看護学科の仲間と共に、勉強に集中できる環境で目標に向かって切磋琢磨しています。

Q3、卒業後の夢など

 卒業後は、本学の助産学専攻科への進学を希望しています。狭き門ではありますが、小学生の頃からの夢であった助産師になるために必ず合格したいです。そして、女性の妊娠期から産後において長期的なサポートができるような助産師になれるよう努力をしていきたいと思います。



このページの先頭へ